美容皮膚科と皮膚科の違いとは?

脱毛をおこなう医療機関において、美容皮膚科という言葉を聞いた事がある人は多いと思います。普通の皮膚科と何が違うのでしょうか?美容皮膚科は、医学的な根拠に基づいて皮膚のメカニズムを研究し、そこから得た知識やデータから治療スタイルを実践。臨床皮膚科学と美容分野を合わせた治療を施す…それが美容皮膚科なのです。

 

最近では美容への意識がとても高まっており、スキンケアやサプリメント、さらにはライフスタイルにおいても美容を強調したさまざまな行動が取り入れられています。「○○は肌に良いらしい」といった曖昧な情報に惑わされることも多いですが、美容皮膚科では研究から得た確かな成果が臨床治療に使われていますから、確実で安心できる治療ができる場所なのです。

 

脱毛も一つ間違えれば火傷などの危険性があるもの。美容皮膚科では医学的に検証された方法をとりますので、例え副作用があると考えられる方法でも、事前にそれを知り対処することで安心して使えるようにされています。

 

では、皮膚科とは違うのでしょうか?美容皮膚科と皮膚科の大きな違いは、その治療に美容も含まれているか…です。両者に共通しているのは、皮膚のトラブルや病気治療といったもの。ですが、美容を意識した治療をするのは美容皮膚科だけ。例えば、ニキビ治療をするにしても、皮膚科はニキビが治れば終了ですが、美容皮膚科ではお肌を美しく整えることまでおこないます。ニキビ跡にはレーザーで目立たなくし、お肌の凸凹をケミカルピーリングで整えたりと…単にニキビ治療だけで終わらないのです。

 

こうした治療の差が、費用にも表れています。皮膚科は健康保険が適用されるのですが、美容皮膚科は自費診療。どうしても、皮膚科よりも高額になってしまうのです。


美容皮膚科と美容外科、エステとの違い

美容皮膚科と似たような診療科に、美容外科があります。両者は大きく異なり、美容皮膚科は手術といった外科的効果で肌をきれいにしようとはしません。ところが、美容外科は手術などの効率的な治療を得意とします。フェイスリフトや二重など…すぐに効果がでる治療をおこなうのが多いのですが、肌にメスを入れることは、早い効果を見いだせるもののそれなりのリスクが伴うことも覚悟しておかないといけません。

 

両者は似ているようで全く異なるので、もしも医療機関で脱毛をおこなうのであれば、そうした診療科による治療の違いも意識しておくといいでしょう。ちなみに、エステと美容皮膚科の違いとしては、リラクゼーションを求めているかどうかです。エステはリラクゼーションを主体としており、毛穴の開きやシミやたるみを完全に直すことは難しいです。また、脱毛効果にも差があり、なによりもトラブルがあった時に対処することができません。